JAPANESE / ENGLISH / kyunchome@gmail.com/Profile / MEDIA   

 

キュンチョメ KYUN-CHOME

2011年から活動している男女のアートユニット。メンバーはホンマエリとナブチ。
2011年は日本のターニングポイントとなった年です。
その衝撃により活動をはじめた私達は”生きるために逃げる事”に関わる作品を制作しています。
人類は遥か昔から生きるために逃げる事を繰り返してきました。それは今も同じです。
原発から逃げるため、内戦や紛争から逃げるため、様々な理由で多くの人が命がけで逃げています。
私達はそうした場所、例えば震災、原発事故、自殺、難民問題等が起こるシリアスな現場に詩的な行動やユーモアで切り込んでいきます。

Artist unit formed in 2011 with Eri Homma and Nabuchi.
It was a year of our turning point as a big earthquake hit Japan and a nuclear power plant exploded.
That impact made us to make actions and arts about "escape to survive".
For ages, humans have repeated to escape to survive.
And it hasn't been changed now.
To escape from radioactivity, civil wars, disputes__a lot of people risked their lives to escape from those several reasons.
We take a hack at serious site such as disasters, the nuclear accident , suicide and refugee issues with poetic action and humor.

Kyun-chome received the grand prize of 17th Taro Okamoto Art Prize.

 

【受賞】

第17回岡本太郎現代芸術賞受賞

【個展】

2016年8月27日〜9月24日「暗闇でこんにちは」(駒込倉庫 東京)

2016年5月13〜21日「死んでる暇などありません #2」(Deptford x,London)

2015年12月12日〜19日「死んでる暇などありません #1」(Kunstquartier Bethanien,Berlin)

2015年4月1日〜20日 「もう一度 太陽の下でうまれたい」(岡本太郎記念館 東京)

2014年7月11〜7月23日 「なにかにつながっている」(新宿眼科画廊 東京)

2013年11月20日〜24日 「ここではないどこか」(ナオナカムラ 東京) 

2012年11月9日〜11月11日 「遠い世界を呼んでいるようだ」(ナオナカムラ 東京) 

 

【グループ展】

2017年8月4日〜11月5日 黄金町バザール2017"他者と出会うための複数の方法”(黄金町,神奈川)

2017年7月20日〜9月10日 Reborn-Art festival (石巻,宮城)

2017年3月12日〜6月18日 TARO賞20年/20人の鬼子たち

2017年4月 If only radiation had color. The era of Fukushima (X and Beyond,コペンハーゲン)

2016年9月9日〜11日 TERATOTERA「西荻映像祭」(東京)

2016年4月16〜5月29日「リターン・ゥ」(トーキョーワンダーサイト本郷 東京)

2015年10月9日〜11月3日 「TRANS ARTS TOKYO」 (東京)

2015年8月18日〜22日 毒山凡太朗+キュンチョメ「今日も きこえる」(福島)

2015年6月19日〜28日「SHIBUKARU MATSURI Goes to BANGKOK」(JAM FACTORY ,Bangkok)

2015年4月18日〜23日 天才ハイスクール解散展「Genbutsu Over Dose」(キタコレビル・ナオナカムラ 東京)

2015年3月21日〜29日 3331Art Fair(3331アーツ千代田 東京)

2014年12月19日〜27日 「何も考えないまま10年経ってた…」展(新宿眼科画廊 東京)

2014年11月12日〜12月7日 「杉並区脱法コミュニティーセンター」(東京)

2014年10月17日〜26日 シブカル祭。(パルコ渋谷 東京)

2014年10月12日〜11月14日「Red Bull Music Academy Art Exhibition」(レッドブルミュージックアカデミー渋谷)

2014年8月23日〜9月7日 千代田芸術祭 3331アンデパンダン(東京) 2014年3月7日〜3月16日 3331ArtFair スペースW賞受賞(3331アーツ千代田 東京)

2014年2月8日〜4月6日  第十七回岡本太郎現代芸術賞 太郎賞受賞(川崎市岡本太郎美術館 神奈川)

2013年10月19日〜11月10日 TRANS ARTS TOKYO2013(東京)

2013年11月3日&4日ふくやまアートウォーク(広島)

2013年9月29日〜10月20日 千代田芸術祭 3331アンデパンダン(東京)

2013年9月13日〜10月14日「中之条ビエンナーレ2013」(群馬)

2013年6月1日〜6月29日YAMAMOTO GENDAI Future Feature Vol. 06「天才ハイスクール」(山本現代 東京)

2013年 4月27日〜7月7日「kawaii+大賞展」 ロマン美術館(長野県志賀高原)

2013年4月2日〜4月11日 LES ATELIERS VORTEX(ディジョン)展(FRANCE)

2013年4月1日〜4月10日「限界とかねーし Limiter cutしてるし」(HIGURE15-12cas 東京)

2012年10月21日〜11月25日 「TRANS ARTS TOKYO」 (東京)

2012年9月16日~10月8日 千代田芸術祭 2012「3331 EXPO」アンデパンダン部門(東京)

2012年7月7日〜8月26日 「群馬青年ビエンナーレ2012」(群馬近代美術館 群馬)

2012年5月20日〜6月17日 「地下室-干渉し合う空間-」(地下室 東京)

2012年3月20日〜3月25日 「Kawaii plus大賞展」 (スパイラルガーデン 東京)

2012年3月2日〜3月4日  「クランクイン! -映像とかもう別にいいよ、石でもいいよ-

2011年11月25日〜27日  「カミングアウト!!!!!!!! -親戚のお姉さんのパンツを食べたことからはじまる-

2011年9月3日〜9日  千代田芸術祭 2011「3331 EXPO」アンデパンダン部門(東京)

【スクリーニング】
2017 KLEX Festival (クアラルンプール,マレーシア)
2016 Asian Culture Station “NIFF" (チェンマイ大学,タイ)
2016 「Art and deep time」 (大和ファンデーション,London)

【レジデンシー】
2017 Rumah Kijang Mizuma,Indonesia
2016 Art action 英国レジデンシープログラム,London
2015 トーキョーワンダーサイト二国間交流事業プログラム,Kunstquartier Bethanien,Berlin

【レクチャー/プレゼンテーション/カンファレンス(選抜)】
2016  特別講義,東京藝術大学
2014  創造的復興:視点構築論,筑波大学
2013 CAMP「現代のアート」,森美術館

【紙面掲載】

ART REVIEW in Future greats January & February 2016

TAZ MAGAZIN German 2015/12/23

美術手帖「日本のアート最前線!」特集 2015年5月号 

そのほかの情報はこちらへ

 

【WEB掲載レビュー】

artscape 個展「暗闇でこんにちは」 著者:福住廉

scene asia「不合意を形成するアート、その実験と実証」 著者:大舘奈津子

ArtWay Visual Meditation 著者:Kaori homma

artscape 毒山凡太朗+キュンチョメ「今日もきこえる」 著者:福住廉

Rooftop 毒山凡太朗+キュンチョメ「今日もきこえる」 著者:中島晴矢

SANKEI EXPRESS 個展「なにかにつながっている」 著者:椹木野衣

artscape 個展「なにかにつながっている」 著者:福住著

artscape TRANS ARTS TOKYO2012 著者:福住廉

 

Twitter感想まとめ 個展「暗闇でこんにちは」

Twitter感想まとめ 毒山凡太朗+キュンチョメ「今日もきこえる」

Twitter感想まとめ 個展「なにかにつながっている」

Twitter感想まとめ 個展「ここではないどこか」

 

【WEB掲載インタビュー記事等】

SPECIAL IN YOU.キュンチョメ偏(パルココーポレート スペシャルインユー)

メランコフ2012 ※「scrap all」ボタン→「down load」ボタンクでDL

キュンチョメのアートデート(Tokyo Art Navigation)

 

【トーク・ゲスト等】

2015年1月2日ー4日 革命アイドル暴走ちゃん「うぇるかむ★2015~革命の夜明け〜」

2014年10月17日 ラジオ「TOKYO FM Evebt 80 Navi」

2014年4月18日 筑波大学「創造的復興:視点構築論1・第2回」

2014年3月22日 ラジオJ-WAVE「atelier nova」

2014年3月15日 「じゃぽにかの誰でもデュシャン」

2012年5月27日 渋家「HOUSE100」インタビュー

 

【Prize】

grand prize of 17th Taro Okamoto Art Prize.

 

【Past exhibitions】

solo exhibition
2016  "Hi! in the darkness" Komagome soko,Tokyo,Japan
2016   "Ain't got time to die #2" DeptfordX,London
2015  "Ain't got time to die #1" Kunstquartier Bethanien,Berlin
2015 Taro Okamoto Prize special exhibition Taro omamoto memorial museum,Japan
2014  " Connect somewhere " ,Japan
2013  "anywhere but here",Japan
2012  "Like howling to the farther world" Japan

group show

2017  Koganecho Bazzar2017 "Multiple ways to encounter the Other"(Koganecho,Japan)
2017  Reborn-Art festival (Ishinomaki,Japan)
2017   TARO prize 20 years / 20 devilish children(Tokyo,Japan)
2017   "  If only radiation had color. The era of Fukushima" (X and Beyond,Copenhagen)
2016  TERATOTERA,Tokyo,Japan
2016  "RETERN TO" Tokyo wonder site Hongo,Japan
2015  "Kanda Community Art Centre Project" TRANS ART TOKYO,Japan
2015  Growp show in Fukushima,Japan
2015  "SHIBUKARU MATSURI Goes to BANGKOK" JAM FACTORY,Bangkok
2015 Group show"Genbutsu Over Dose" ,Japan
2015 "3331ArtFair" 3331arts chiyoda,Japan
2014 "SHIBUKARU" Parco Shibuya,Japan
2014 Red Bull Music Academy Art Exhibition,japan
2014 "Chiyoda Arts Festival 2014, 3331 EXPO, Independents" 3331arts chiyoda,Japan
2014  "3331ArtFair"  3331arts chiyoda,Japan
2014  "The 17th Taro Okamoto Award for contemprary Art" ,Taro okamoto museum,Japan
2013  "Kanda Community Art Centre Project" TRANS ART TOKYO,Japan
2013  "FUKUYAMA ART WALK" Hiroshima,Japan
2013  "Chiyoda Arts Festival 2013, 3331 EXPO, Independents" 3331arts chiyoda,japan
2013 "NAKANOJO BIENNALE"  Gunma,Japan
2013 "YAMAMOTO GENDAI Future Feature Vol. 06「genius hight school」 ,Yamamoto Gendai,Japan
2013  "Kawaii plus Grand Prix" Shiga Kogen Roman Museum,Japan
2013  "No limiter" HIGURE gallery,Japan
2013  "LES ATELIERS VORTEX" France
2012  "Kanda Community Art Centre Project" TRANS ART TOKYO,Japan
2012  "Chiyoda Arts Festival 2012, 3331 EXPO, Independents" 3331arts chiyoda,Japan
2012  "Gunma Biennale for Young Artists 2012" The museum of modern art gunma,Japan
2012  "Basement -spaces that interfere with each other",Japan
2012  Shibuhouse exhibition "HOUSE100",Japan
2012  "Kawaii plus Grand Prix"  aoyama spiral garden,Japan
2012  "Crank In! Forget About films. A Stone Will Do." Japan
2011  "Coming Out!!!! It Started When I Ate My Cousin's Underwear."Japan

【Screening】
2017 KLEX Festival(Kuala Lumpur,Malaysia)
2016 Asian Culture Station “NIFF” (Chiang Mai University,Thailand)
2016 “Art and deep time”Daiwa Foundation,London

【Residencies】
2017 Rumah Kijang Mizuma,Indonesia
2016 Art action UK Residency Programme,London
2015 Tokyo Wonder Site Exchange Residency Program,Kunstquartier Bethanien,Berlin

【LECTURES / PRESENTATIONS / CONFERENCES (SELECTED)】
2016 Special lecture,Tokyo University of the Arts
2014 Creative Reconstruction:Vision Formulation,
Tsukuba University,
2013 Discussions in Contemporary Culture,Mori art museum

【Media listing information】

ART REVIEW in Future greats January & February 2016

TAZ MAGAZIN German 2015/12/23

Japan Art magazine Bijutsutecho 2015May 

For more information , visit here

 

【Website Review】

Make a Break: Immediacy in Art after Fukushima

Art as an antidote: artist duo Kyun-Chome discuss the fragility of the human condition and why we all need art

Kyun-Chome on a LTERNATE f UTURES

Art unit to project the two sides "Kyunchome", Taro Okamoto and "confrontation" Exhibition

Greater Than A Wave: The Rise of Performance and Intervention in Japanese Contemporary Art BY JOHNNY MAGDALENO

ArtWay Visual Meditation written by Kaori Homma